【IT】おすすめ学習法 プログラミング入門【仕事】

オススメ・雑記ブログ サイト説明/運営者のご紹介

【学習】効率的なプログラミングの習得方法 3原則【入門】

間違った学習法を止めよう

多くの人が間違った方法でプログラミングを学習し、挫折・諦めるという事態に陥っている。先の見えないインプット学習に時間をかけ、「もう嫌っ」てなった方にこそ読んでもらいたい。

そして、今まで努力しても身につかなかったプログラミングを克服して、いち早くプログラマーになろう。

プログラミング学習の3大原則

ここでは初学者や挫折した経験のある学習者に諦めずに、効率的にプログラミングを身に着ける方法を述べます。まずは、そのための3大原則。

原則1:暗記学習はしない

Progateのスライドを完璧に覚えようとしている人、単語帳を作ったり、ノートにキレイにまとめたりしてる人いませんか。プログラミングするのに暗記は必要ないのです。

なのに、暗記で時間を取られていたら非常に非効率なので「プログラミング学習=暗記」と思っている人はすぐに止めましょう。

弁護士が六法全書を全て覚えて仕事するのじゃなく 必要な時に見て解釈できたらいいように、プログラマーもそんな感じでいいんだよね。実際に仕事で何度も使うものは覚えてしまうんだし。

大切なのは、「暗記」より「思考(考えること)」

プログラミングの考えを理解して、問題をどう解決するのか、っていうのが重要!

原則2:インプットしたら、すぐにアウトプット

アプリを作る前に全部覚えようとしていませんか?「if文」「switch文」覚えなくても、こういうのがあって こんな書き方なんだって理解できたらいいんです。

英単語・英文法を長時間 勉強しても英会話がロクに話せないのと同じで、どんどん使ってこそ身につくし、そっちの方が効率的で定着しやすい。

重要なのは、「学んだら すぐにコードを書こう!」ってこと

イ ン プット書籍やProgateなどで学習すること
アウトプット学んだことを使って、何かを作ったり表現すること

原則3:必要なものだけを学ぶ

何事も完璧などないし、完璧を目指したらいくら時間があっても足りない。なので必要な分だけ学びましょう。

例えば、簡単なツールアプリをつくる場合 そのアプリの開発に必要なものだけを学んで、それをアウトプットすればいいということ。

そうすれば、効率的に進んでプログラマーへの道もいち早く見えてくることでしょう。

プログラミングスキルを磨く5つのステップ

書籍やProgateである程度理解はできた。これからどうしたらいいの?って段階で、プログラミング力を伸ばしていく、そのための5つのステップ。

開発したいものを考える

そもそもプログラミングは何かを作るためのものだから、目標物を作るということをしないと効率が悪いし、身につかない。

でも、何を作ったらいいかわからないってなりますよね。何でもいいんですが、例えば 「計算機アプリ」だったり 「書籍管理アプリ」、「家計簿アプリ」など、興味あるものや身近で役立ちそうなものを考えてみよう。

開発に必要な要素を考える

分からなければ、ググればいいし 大きな本屋に行けば大体 作り方が書いてある書籍がある。また、どうしても分からない場合は友人や知り合いのプログラマーに聞いてみる。

身近にプログラマーがいない人は、「teratail」(プログラマーに質問できるサービス)を使ったり、イベント(無料で未経験者でも参加できるものも多くある)に参加してプログラマーに話を聞いてみるっていう方法もある。

teratailhttps://teratail.com/


必要な要素の基礎学習

書籍や「Progate」や「Udemy」などの学習サイトで完ぺきでなくていいのでサラッと理解して、基礎を押さえましょう。

プログラム開発をする

基礎を押さえられたら実際にコードを書いて開発していきましょう。もちろん、ここが一番大変。ググったり、人に聞いたり、いろいろ思考して進めていこう。

どうしても出来ないと思ったら、少し目標を下げてもいいし、最悪作れなかったとしてもいいんです。そうやって試行錯誤することこそが価値があり、プログラマーに必要なものだから。

最初は誰もがそんな道を通るし、インプットだけしている人よりずっと成長しているんだ。

全く違う開発したいものを見つける

何か本当に単純なものでもいいので一つ作れたら、次は、また違うものを作ってみる。同じようなものを何度作っても同じ技術を使うので成長できないから、違うものを作るために違うインプット・アウトプットをして幅を広げていこうってことね。

多くの成果物が作れたら、それは自分のスキルの幅も広がっているし、実際に就活や転職においても、「やる気がある人」という印象を与え必ず有利に働く。

プログラマーにとって大切なこと

プログラマーにとって大切なことは、技術を使いこなすこと。

なので、プログラミング学習とは、覚えることではなく 使いこなす練習をすること。

使いこなす練習せずに知識を詰め込んでもダメだということ。

これまで、能力があるのに 勉強の仕方が間違っていて 諦めていた人も たくさんいると思うので、それは勿体ない。これを機に勉強方法を変えて再チャレンジしてみよう!